研究紹介

画像情報メディア研究室では画像間の対応付けや画像からの3次元復元、標識認識などのコンピュータビジョン技術や複合現実環境への応用などの研究をしています。

research


 

Augmented Reality

複合現実間(Augmented Reality)とは、現実空間にCGを合成するものです。円は矩形や模様に比べて隠れていても形状の補正が容易であるため、隠れに強いシステムが構築で きます。そのため、本研究室では円形マーカーを使用しています。実際の研究では、更なるシステムの安定化や高速化手法、実際にCGを合成するシステムなど を行っています。

3次元復元

3次元復元は今日では様々な応用がなされています。本研究室では、未校正カメラから実際に3次元復元された特徴点を基としてテクスチャマッピングを行い、物体の全周形状表現を行う研究や物体を撮影した複数の画像から特徴点の3次元位置を計算する研究を行っています。

運動物体分離

ビデオカメラで撮影した動画像中の背景と運動物体を分離することは、侵入者や物体の抽出に応用できます。しかし、多くの物体分離手法はデータの追跡誤りが無いと仮定しているため、この追跡誤りを検出・除去する研究を行っています。

新視点画像の生成

視点の異なる二枚の画像から特徴点の3次元位置を取得し、その特徴点を基に三角網を定義します。そして、二枚の画像のどちらでも無い視点から見た新しい視 点からの画像を生成するとき、単純に視点を変更しただけでは、不自然な画像が生成されます。そこで、新しい視点の画像を自然に見えるように生成する方法に ついて研究を行っています。

動画像のセグメンテーション

画像から物体と背景を切り分けるためには、画像を物体、背景、物体と背景の境界の3種類の領域を指定する必要があります。本研究室では、この領域指定を自動化する研究を行っています。

布の傷汚れ検出

製品ラインでは、外観検査として人が目視によって異常を検出しているラインが数多く存在します。そのため、本研究室では、この異常検出を自動化する研究を行っています。

道路標識の認識

車載カメラを用いて、走行中の動画から道路標識を検出し、検出された標識標識候補画像を自動的に認識して標識の種類を特定する研究を行っています。この 標識認識と認識した標識の地図上での位置を組み合わせて、標識の位置を記した地図の作成するなどの応用に利用できます。